商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集

商品撮影のヒント集

いまネット上に存在する商品撮影のサービス会社には低価格と高品質!?を掲げた撮影をアピールする傾向が強くなっていますが、弊社に寄せられるご相談の多くが他社の撮影の撮り直しを希望しているものです。

デジタル一眼レフカメラの普及によって商品撮影を低価格で行なう業者が増えた一方で、本当の意味で品質の良い写真の仕上がりを期待できる会社が少なくなっていることも事実です。
このページでは「商品撮影のヒント集」と題して、撮影者とサイト制作者の立場の両方の視点から業者に依頼する前に知っておくべき商品撮影に関する知識などを公開していきます。

商品撮影のアパレルモデルに必要な条件
弊社のみならず、アパレルでの商品撮影にはモデル着用イメージというのは不可欠になってきていますが、これからアパレルモデルを目指す人に知っておいて頂きたいのは「自己主張の意味を理解する」ことです。
今回は、より実践的な心構えがテーマになりますが、現場で何が求められているのかを少しでも知ることで、いま自分が考えている「モデルの認識(意味)」と照らし合わせて考えてみると面白いかもしれません。

モデル商品撮影での「自己主張」というと、優れたポージングだったりを連想するかもしれませんが、経験上ポージングなどの「練習して習得する部分」については個人差はあっても練習、つまり努力をすれば誰でも身につけることはできるはずです。
しかし「自己主張」としてポージングを捉えれば一定のパターン化された動きでは個性を出すことは困難になります。

ではどうするか?

モデルや撮影について、猛勉強や研究をする必要は全くありません。
自身の生活パターンの中で「心を動かす作業」を積極的に行なえばいいのです。
少し宗教っぽくなって自分で書いていて笑ってしまいますが、簡単に書くと「自分が見て、聞いて、感じた」そうした事柄の中にモデルにとって大切な「表現力」に通じるヒントがたくさん存在しているという意味です。

自己主張(表現力)とは、その人の中にある感情や意識の幅によって変わります。
モデルになることを意識して生活をしている人とまったくしていない人、この両者では明らかに生活の中で得ることのできる情報量は変わります。

例えば、女性雑誌を見ていて「このポーズと笑顔のバランス覚えておこう」と考える人は、雑誌の出版社側から雑誌を見ている、つまり自分が撮影モデルになることを意識して雑誌を見ていることになります。
対して一般の人は「この服かわいい!どこのブランド??」と消費者側からの目線で雑誌を見ていることになります。

何気ない行動パターンですが、撮影現場で「○○で出てくるブランドの感じって分かる?」と質問すると消費者側から見ているだけの場合は、頭の中に服のイメージしか残っていないので、表現方法はおろかイメージの方向性すら掴めない状態になってしまいます。

モデルとしての表現(しぐさ)は、「ものまね」から始めればいいと考えます。
自己主張としての表現方法を「自ら生み出してやる!」と意気込んでも、きっと失敗に終わるでしょう。
理由としては「個人が考える表現」よりも「世間に認知されている表現」を素直に学ぶべきです。

商品撮影に起用したいモデルの条件としては、「表現方法のパターンを多く持っている」ことも重要です。
クライアントから指示されて「何もパターンが思いつかない・・」これではアパレルモデルとして失格です。

テーマの最後にアパレルモデルになりたいと思ってはいても勘違いしているよくある5つのパターンをご紹介。
1:自分が好きなアイテム自慢はできるが、イレギュラーなジャンルのアイテムを着こなすスキルはない。
2:メイクが上手そうに見えるが、1つのパターンしかなくジャンル別のメイク方法を知らない。
3:手足は長くてモデルとしては理想的だが、動いたらスタイルが崩れる。
4:やたらとSNSで顔のアップを撮っているが、全身写真での自身のスタイルバランスの悪さを本人が気付いていない。
5:何となくサロンモデルなどの撮影経験は豊富、でも撮影毎に求められている内容を理解する力がない。


上記に1つでも該当する場合は、アパレルモデルとしての「自己主張の意味を理解する」これに尽きます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
コンデジ選び
コンパクトデジカメを商品撮影で使っている人も多いと思いますが、最近のコンパクトデジカメ良いですよね~
先述しておりますが、私も最近パナソニックのDMC-LX100を購入しまして楽しんでおります(本番では使っていませんが・・w)
カメラ自体のメカニカルな部分を話しても長くなるので、今回はこのコンパクトデジカメを選んだ理由について雑談的に書きたいと思います。

まず、購入機を決めるまでのリサーチは好きなので、最近出ているコンデジについては結構調べました。
自分の使用用途からコンデジに求める優先順位はこんな感じです。
・撮像素子が1型以上であること
・毎日バックに入れて持ち運ぶ(仕事上サッと撮りたいことが多いため)
・自然な色合いで撮れる事


価格についてはコンデジもピンキリですが、上記条件に当てはめると上限は8万程度かなと予想できました。
また画素数などについては、ガッツリ業務用ではないのであくまでもデジタル一眼のサブ機として考えていました。

そして各メーカーのコンデジを実際にノーマル状態で撮ってみると少し気になる点が・・・
というのも普段の業務で使うのはNikon時々、キャノンなので、何となく色合いは予想できたのですが、条件に当てはめていくと最終的にはSONYとPanasonicになりました。(ソニーはDSC-RX100M3、パナソニックはDMC-LX100の2機種)

手に持った印象は明らかにRX100M3の方が持ち出しやすく好感が持てましたが、2機種のカメラの設定を初期化して(すいません勝手にw)、それぞれ写真を撮ってみると大きく発色の違いが見られました。
撮った印象をサンプル画像化してみましたので、ご参考までに

メーカーによるコンデジの発色の違い
左はパナソニックDMC-LX100の印象で、対して左はソニーRX100M3の印象を再現したものです。
パナソニックは写真好きからすれば「眠い感じの写真」、対してソニーは「コントラストと発色が良い」印象です。
ま、カメラの液晶モニターの違いもあるのでしょうが、個人的には撮った時に「良い写真でしょ!」と主張するカメラは嫌い(笑)
感情論ではなく、こうしたコントラスト強めな感じは初期設定から各所をいじれば、どのメーカーでもある程度補正はできます。
ただ求めるのは「初期設定の状態からフィルター効果っぽい画像を出さないでね♪」という切なる願い(笑)

厳密に言えばレンズが違う、処理エンジンが違うなど挙げれば論争ネタは多くなりますが、要は撮った時の購入者の感覚です。
個人的には彩度が多少低くても「ナチュラル」に撮れるパナソニックのDMC-LX100に即、決めました。

コンデジだけではなくカメラ選びは「ファーストインプレッション」が重要で、仕様に左右されずに「あ!いい感じ」と思って買うと長く使うカメラになります。(実体験)
「性能の良いカメラ」が「使ってみたいカメラ」である理屈はなく、「使ってみたいカメラが、その人にとって性能の良いカメラ」なのです。

今回ご紹介したソニーDSC-RX100M3、パナソニックDMC-LX100の2機種はいずれも良いカメラです。
大事なことは良いカメラを使って、どれだけ良い写真を撮っていくかです。
手にした段階でカメラのメカニカルなことばかり評価するのはやめましょう(笑)なんちて
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品撮影のための三脚選び
自社で商品撮影を行なっている場合、カメラを三脚に固定するケースも少なくないと思いますが、カメラをしっかり固定させる「三脚」は、カメラ選びと同じように吟味して頂きたい部分です。
しかし、実際に三脚を購入しようと思うと種類が多過ぎて迷ってしまうと思います。
今回は三脚選びの際に、必ず抑えておきたいポイントをご案内しますので、三脚選びの参考にして下さい。

まずは、常設する三脚(あまり持ち運ぶことはない)と屋外で使用することを目的とした2タイプの三脚を例にご説明します。

三脚のタイプ

カメラの重さを知りましょう
間違った三脚選びをしてしまうと、こんなことが起こります。
例えば、三脚にカメラを固定して、いざ撮影といった時に、カメラ+レンズの重量と三脚重量が合っていなくて、グラグラする・・
これでは三脚なのか一脚なのか分からなくなってしまいます(笑)

そこで最初に抑えておきたいポイントは「お持ちのカメラの重量(レンズ含む)」と三脚の「自重」+「耐荷重」です。
三脚の仕様を見ていくと必ず「自重」や「耐荷重」が明記されています。
一般的なカメラ+レンズの場合は総重量が2kg以上になることはまずありませんので、上記の三脚であれば「耐荷重」から見ればどちらでも大丈夫です。
しかし、「自重」から見ると少し注意が必要です。

理由としては、カメラ重量が1kgあったとして、三脚自体の重さ(自重)が1.4kgだった場合、上部(カメラが載っている部分)と下部(支える部分)の重さが近くなります。
当然ですが、三脚は脚を縮めた状態だけで使用することはないので、三脚の脚を全開に伸ばした状態であれば安定感は脚の長さに比例してなくなっていきます。
よく安価な三脚で「耐荷重」だけを見て購入してしまう人もいますが、自重の数値=三脚本来の役目(カメラを安定させる)と考えるべきです。
お気付きだと思いますが、上記の三脚って結構お値段高いですよね。
安価な三脚がダメとは言いませんが、カメラ部分よりも三脚の自重が軽い場合は、撮影者がカメラに触れただけでグラつく可能性があると考えるのが賢明です。

三脚の自重に関してはお持ちのカメラを調べてみて検討すると良いでしょう。
もちろんコンパクトデジカメでしたらカメラ自体が軽いので、安価な三脚でも問題ないと思います。

屋内と屋外で三脚選びは変わります
上記の画像に「常設向き」と「旅行向き」と記載していますが、単純に重量だけではありません。
通常、三脚のタイプには3段と4段タイプがありますが、それぞれパターン分けされている理由は「格納高」、つまりどれだけコンパクトに縮めることができるのかもポイントです。
三脚自体の安定感から見れば「3段タイプ」となりますが、その分自重がありますので重くなり持ち運ぶには苦労します。
対して4段タイプの魅力はフットワークとコンパクトに持ち運べるという点です。
例えば飛行機で旅行する際に機内持込みは60cm以上のものはできないので、4段タイプの格納高40cmであればどこでも持ち運べます。

三脚選びの順番を理解する

ここまでで三脚選びのポイントをご説明しましたが、高さや低さは考慮しなくていいのか?と疑問に思うかもしれませんが、「賢明な三脚選びは仕様を見る順番」です。
失敗しないためには、最低限この順番で絞り込んでいきましょう!
1:常設用か旅行用か?
2:カメラの重さと三脚の自重で安定するものかどうか?
3:撮りたいアングル(高さ)をカバーできるものかどうか?

こうすると三脚の種類もある程度は絞られてきますので、あとはブランドや材質、予算に合わせて最終決定することになります。

最後に、三脚は安いものは避けましょう(笑)
今はコンパクトデジカメで撮影していても将来的に一眼レフを使うかもしれないのなら絶対に良い三脚を1つは持っていて損は無いです。
三脚自体、プロの撮影でガンガンに使っても10年程度は使用できます。
品質の良いものを選定していき、最後に予算と考えるのがベターです。

ご参考までに・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品撮影のテクニックより大事なこと
事務的な商品撮影を行なう環境にいると気付かないことってあると思います。
私自身、写真撮影というとクラアントの意向を考えながら「どう撮る?」という問答ばかりが続きます。
自社で商品撮影を行なっている担当されているスタッフ様も同じように「どうやって撮ったらいいのか?」とテクニック的な事柄ばかりを気にしてしまうケースも多々ございます。

最高な写真とは何か?
今回は見栄え上の商品撮影のテクニックのお話ではなく、写真の哲学的な部分にクローズアップします。

商品撮影を目的にカメラを購入すると撮影対象というのは自社の商品など被写体は限られてきます。
その後、カメラの絞りやシャッタースピードなど組み合わせで無限とも思えるような「メカ的な設定」を模索するようになります。
「画角はこうしたら良い」、「こういう商品の時はF値はこうする」、「照明は45度に配置して!」など知識は増えていくでしょう。

こうした写真を撮るためのテクニック集の多くは「この場合はこういう設定で撮った」というマニュアルであって写真のマニュアルではありません。
では写真のマニュアルとは何か?
そんなものはこの世には存在しません!!そうです!「売れる商品写真を撮ります」という文言くらい存在しないものです(笑)

極論を言ってしまえば写真は良いと感じるものが全て正解なのです。
例えば、テレビドラマで主人公が病気になってやがて死を迎えるストーリー・・・よくあります。
このパターンが視聴者の共感を得たとして、同じようなストーリー設定で続々と真似したドラマが登場する。
こうなると共感というより「悲しいドラマのマニュアル化」ですよね(笑)
共感を得ることができたドラマと真似したドラマの違いは物語ありきで撮影されたものか、脚本ありきで撮影されたかの違いです。
もっと簡単に言えば、「伝えたいことがあって撮影されたもの」と「評価をもらうために撮影されたもの」の違いです。

私が個人的に「売れる商品写真を撮ります」とか「うちの写真は高品質です」という文言を嫌うのは、「評価をされたいと思って撮っている」からで、そこから納品される写真は「どう?綺麗でしょ」、「この写真の良さがわかるか?」と上から目線の写真屋気質が見え隠れして、写真として綺麗でも、受け手(見る側)からすれば、つまらない写真だと感じてしまうからです。

商品撮影において理想の形は「良い商品ができたから撮ってみた~♪」という写真だと感じています。
こうしたカットを出すために必要なのは、カメラを買ったら遊ぶことです。
写真はマニュアルに縛られるとつまらなくなります。

以下はモデルさんにカメラを渡して遊んでいる写真です。(遊び過ぎてお見せできないのが98%ですが・・)

撮影写真サンプル
クマのぬいぐるみを撮りたくて画面からはみ出してもいいんです。
それだけ撮りたかったのでしょう!

おふざけ写真
自分が大好き写真満載でもいいじゃないですか(笑)

商品撮影においてテクニックよりも大事なことは、「写真を楽しいと感じる気持ち」です。
どれだけ書籍やマニュアルを読み漁っても、そこに「気持ち」がなければ気持ちの伝わる写真は撮れません。

業務的な撮影は大変かと思いますが、写真を撮ることを楽しんでいますか??
このエントリーをはてなブックマークに追加
料金が安いスタジオを選ぶメリットとデメリット
商品撮影サービスを行なう業者を撮影回毎にコロコロ変える。
撮影をオーダーする側にとっては料金や内容などによって業者を選択できることはメリットでもあります。
弊社でも「のりかえて割」などの広報活動を行なっていますので、業者を変えること自体は、なんら不自然ではないと考えます。

しかし、たまにこんなお客様がいます。

「今までのスタジオはモデル追加は無料だったよ」

どう思います?

当然、価格面ではできる限り努力は致しますが、弊社は弊社です(笑)
きっと価格交渉をしたかったのだとは思いますが、どこよりも安く・・うちは価格ドットコムではないので、料金設定は今までの業者さんと同じ又はそれ以下では対応できない場合もございます。
そもそも家電製品なら少しでも安い方がお得ですが、写真価格をどこで判断するかが重要だという事をお忘れなく。

例えば上記の例で言えば、全くオファーの無いモデルさんを無料で追加しても撮影側は、さほど痛くはないでしょう。
しかし、安いギャラで呼ばれるのであれば、正規に料金を払って頂ける顧客を優先したい。
これって経営者なら誰でもそう思いますよね(笑)

大概は一見のお客様に多い傾向で、ヨイショする訳ではありませんが、定期でオファーを頂けるクライアントほど無理な要求を提案された経験はありません。
商品撮影をトータル的に満足のいくサービスとして成立させるには、正直費用はかかります。
弊社が適正価格の商品撮影サービスをスローガンのようにしているのは、「他社の方が安い!」と言われてすぐに料金を改定するような業者にはなりたくないと考えています。
単純にお客様の立場になれば、「すぐに安くなってしまうのなら、初めから安い料金にしておいて!」と言いたくなりますよね(笑)

商品撮影サービスを行なう業者を撮影回毎にコロコロ変えてしまうのは、そうした優柔不断な料金プランを励行しているスタジオが存在するからかも・・
高い料金を請求するなら、その価格に見合うだけの写真とサービスを行なえばいいのです。
「安くしてくれたから良いスタジオだ!」、何とも悲しい業者選びです。

モデルコードでは、何度かオファーを頂いたクライントに対しては「撮影サンプル」を納品することがあります。
これは通常依頼された写真とは別に「こんな撮り方もあります」という提案写真で、もちろん無料です。
お客様が欲しくなる写真の提案は「かかりつけの撮影業者だからできるメリット」です。

頼んでもいないのに急に写真が多く納品されて驚かれる場合もありますが(笑)、目先のお金以外で繋がっていくサービス展開が「かかりつけ」ならではのメリットだと考えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション