商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集

商品撮影のヒント集

いまネット上に存在する商品撮影のサービス会社には低価格と高品質!?を掲げた撮影をアピールする傾向が強くなっていますが、弊社に寄せられるご相談の多くが他社の撮影の撮り直しを希望しているものです。

デジタル一眼レフカメラの普及によって商品撮影を低価格で行なう業者が増えた一方で、本当の意味で品質の良い写真の仕上がりを期待できる会社が少なくなっていることも事実です。
このページでは「商品撮影のヒント集」と題して、撮影者とサイト制作者の立場の両方の視点から業者に依頼する前に知っておくべき商品撮影に関する知識などを公開していきます。

環境に合わせたライティング
社内で商品撮影ボックスなどを利用して商品を撮っている人も多いと思いますが、どうしてもボックスを利用する場合は、「箱のサイズで撮影できる商品の大きさ」が決まってしまいます。
人物撮影を行ないたいけど特別な機材が必要になりそうで手が出せない・・
とはいえ、スタジオを借りてまで撮るまでもない・・
今回は事務所の中で人物撮影を行なう、でも照明は1つしか持っていない・・そんな時でも手軽にライティングを考えるためのヒントをご紹介します。

まず事務所内でよく見かけるのは「横長で筒状の蛍光灯」が一般的に使われていると思います。
人物撮影でも小さなブツ撮りでも「トップライト(天井からのライト)」は綺麗な写真を撮る際に意外と重要なので、この天井に設置されている照明を使わないのはもったいない!
でも裸のままの蛍光灯の照明をそのまま使ってしまうと、「光は硬くなってしまう」ので、少し大きめのトレーシングペーパーで蛍光灯を覆います。
※蛍光管に直接貼るのではなくドーム型に緩く貼ります。(火事注意)

天井照明でのライティング
これで擬似的に大きなソフトボックスしてしまいます。(蛍光灯が複数ある場合は撮影に影響する照明は外すか同じように覆います)
あとは人物の立ち位置ですが、立つ場所によっては顔に変な影が出てしまうので注意しながら立ち位置を探して撮影すれば、自然な室内写真となります。
スタンド照明などがある場合は、同じようにトレーシングペーパーで覆って、顔に出てくる余分な影を打ち消すように照明の当ててもOKです。
活字で書いてしまうと何だか難しそうですが、要は大きな商品撮影ボックスを作ってしまう感覚で行なえば、「トップライト」+「メインライト」の2灯撮影の原理と変わりません。

実際に撮影してみて光量の割合などを写真で確認しながら「立ち位置」やカメラの設定を変えていくだけです。
この時、天井の蛍光灯から射し込む中心の光が、人物の頭の真上に当たるようにはせず、「少し後頭部寄りに光の軸(中心)がくるように」立ってもらうと、顔に余分な影が出てしまうのを軽減できます。

商品撮影ボックスなど既成品を使った撮影に慣れてしまうと、写真を撮るためには何かしら特別なものが必要になると思いがちですが、
写真照明の考え方は「ここではできない」と考えるのではなく、「ここでできる照明の当て方は何があるか?」と思考を変えれば意外とヒントはあるものです。

自社にある照明(光を出すもの)を一度見直してみて、型にはまり過ぎない商品撮影にチャレンジしてみて下さい。
ひょっとしたらオリジナリティ溢れる素敵な写真が撮れるかもしれませんよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ウィッグやヘアサロンで使える撮影方法
アパレルと言ってもジャンルは広く、単に衣服のみの撮影ばかりではありません。
商品撮影はクライントが扱う商材によって照明パターンの提案ができる点が良いスタジオの条件でもあります。
今回はウィッグやヘアカタログでも使える照明サンプルをご覧頂き、少しネタバレも記載してみたいと思います。

衣服に限ったことではありませんが、消費者が購入した後に「太陽の下で商品がどのような色になるのか?」という疑問が湧く商材にウィッグがあると思います。
ウィッグなどのヘアー商品というのは、暗い照明下で撮った場合と強くライトを当てた場合のライティングの違いで商品の印象は大きく変わっていきます。
例えば明るい「ライトブラウン」のウィッグを購入しようとした場合、照明の当て方によっては「ダーク」にも「ライト」にも写ります。

ということで、ウィッグ系については弊社では最低3パターンの照明は単純に思い付きます(笑)
スタンダードなもので、ヘアカタなどでも流用できる参考照明をご覧下さい。

ヘアー撮影の照明サンプル
写真は自毛ですが、髪型の輪郭と明部と暗所の境界が分かりやすいと思います。
また、モデルの肌質の柔らかさや全体の色合いも優しい印象で伝える事ができます。

一見すると、スタジオでなければ撮影できないと思いがちですが、コツが分かればどこでも撮れます。
この照明のコツは、モデル背面から強い光が当たっている、つまり逆光になっていることです。
でもそんな状況は作れない・・・と思っていませんか?

例えば、事務所の窓際に太陽の陽射しは入ってきませんか?
またデスクの照明スタンド・・使えませんか?

要は、モデルの顔(前面)と背面とのコントラスト(光の強弱)があれば、シチュエーションとしては同じです。
ヘアカタログなどでハウススタジオを使って綺麗に撮られた写真がありますが、社内を見渡して窓に太陽が挿し込む場所さえあれば、擬似的に同じような印象の写真に近づけることは可能です。
窓が汚れているなどの場合は、レースのカーテンなどで隠したり、絞り数値を小さくして背景ボケにしてしまえば良いのです。

しかし、このままだと、前面と背景との明暗差があるので、顔が暗く写ってしまうかもしれません。
その場合はレフ板(必ずしも撮影用品である必要は無く、大きめの白い模造紙でもOK)で、顔に背面からの光の回りこみを反射させるように調整すれば良いのです。

工夫次第で、お客様でもカメラを持っていれば撮影できてしまうことは商品撮影ではよくあることです。
今回参考に出した程度の照明テクニックで「ハイクオリティ」だと言うのであれば、そのスタジオは疑わしいぃぃ(笑)
ヘアライティングはもっと楽しく深い分野です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
商品写真の色の再現性について
説明用の写真撮影において、商品カラーの再現性というのショップ側にとって神経を使う部分だと思います。
アパレル商材を扱う店舗にとっては微妙な生地感や色合いで、消費者が想像していたものと違うという理由で返品になってしまうケースもあるようです。
今回はお客様から寄せられた他社で撮影された商品写真の色合い問題の1つの検証をしてみたいと思います。

業者によってデジタル現像に使用するソフトはカメラメーカー準拠のソフトからLightroomなどのサード製のものまで幅は広いですが、比較としてより分かりやすくなるように、スタジオ撮影時のカラーディング(色再現の適正値の把握)を行なっていない場合にどのように商品色に変化が生じてしまうかをご覧下さい。

現像プロファイルによる色の変化
左側の写真はカメラ設定をAdobe RGBで設定して、Adobe RGBにて現像処理を行なったものです。
右側はカメラ設定をsRGBに設定して、プロファイルを「Camera Standard」で現像処理を行なったものものとなります。
厳密にはネットで公開している時点でsRGBとなりますが、色の比較として参考にして下さい。
両画像とも現像処理の段階では特に数値はいじっていませんが、拡大すると同じ商品色になっていないことが分かります。

どちらの写真が実際の商品の色を再現しているかと言えば、「左側の写真」となります。
もし消費者が右側の写真をイメージして商品を購入した場合は「もっと鮮明なブルーかと思った・・」となる可能性もあります。

こうしたカラー障害は、何も上記のカメラ設定だけが問題ではなく、やはり適正なモニター上でのチェックが重要です。
微妙な色の変化に対応できるモニター環境さえあれば、忠実な商品色に近づけることはできるのですが、やはり激安価格でのサービス展開の場合は、「いかに回転率を上げるか!」に重点が置かれる傾向があり、「ただスタジオ環境で撮った」という印象は拭えません。

撮影スタジオに何を求めるのかは利用者側の目的によって変化しますが、実際に商品を購入する立場の消費者からすれば、「綺麗な写真かもしれないが、実際に届く商品の色は、この写真の色合いを信じていいのかな・・?」と余計な所で購入をためらってしまうのはショップ側にとっても得策ではありません。

「綺麗な写真」と「忠実な写真」とは見てもらう側に立って考ることが賢明で、資料としてなら「忠実な商品色を再現したもの」、ショップのイメージ性を出すなら「綺麗な写真」として公開、判別ができるようにしておくべきではないでしょうか?

当然、消費者側のモニターによる色の違いが生じてしまうことは避けられませんが、どこがで「基準となる色」を決めておかなければ商品写真は成立しません。
その役目を担うのは撮影作業を行なうスタジオ側の使命だと考えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
測光モードと写真の仕上がり
スタジオ撮影の現場風景などでアシスタントがモデルの顔の前に何か機械を向けて測定している・・なんて場面を見たことがあると思います。
これは簡単に説明すると、「光の量を測っている(測光)」状態です。
モデルの顔だけではなく、写真に写る各部分(背景など)も測っていき明るくなり過ぎたり、暗くなり過ぎたりしない「適正値」を数字と知ることができます。
こうした測光の仕方には「光に直接向けて測る(入射光)」、「被写体に跳ね返った光(反射光)を測る」2パターンがあります。

測光パターンについては詳しくこちらでも触れてますのでご参考下さい。
露出計を使った商品撮影の仕方

さて、今回はカメラに内蔵されている露出計である「跳ね返った光(反射光)を測る」ことで意図した露出を目指します。
簡単でお手軽な測光モードのコツを掴むと、撮影する上で便利だと思いますので覚えてしまいましょう!

まずカメラ機能のメニュー画面で「測光モード」という項目を探してみてください。
すると次の3つの測光モードが選択できるようになっています。
測光モードのマークは次のようなものがあります。

測光モードのマーク表示

分割測光パターン(マルチパターン測光など)
画面全体を分割して平均的な明るさを計算する方式

中央重点測光
分割測光よりはやや測光範囲は狭くなりますが、画面上の中心付近の明るさを測ります。

スポット測光
名称そのままですが、狙ったポイントのみを測光し、明るさを決めます。

上記の測光モードですが、シャッターボタン半押しで測光(計測)ができますので、ファインダーを覗いて「露出がアンダーかオーバーか」を露出インジケータで確認もできます。(カメラ毎の設定によって変わります)
また、メインの被写体にフォーカスを合わせた後に構図を決める動作も問題ないのでご安心を。

徐々にややこしくなってきたので、測光モードには種類があるということが分かって頂けたらサンプル画像でモードの違いを検証してみます。

測光モードの違いによるサンプル画像
ご覧頂いくと分かると思いますが、測光モードの違いによって写真の仕上がりは変わっていきます。
写したい対象の露出を知ることで頭の中でイメージした「こう撮れて欲しい」という明るさイメージをサポートする機能でもありますので、「明る過ぎる」・「暗過ぎる」と感じたら測光モードを切り替えて、カメラ側に「どこの明るさを基準にするか」を指定させることで、手軽に狙った写真が撮れることも多いと思います。

意外と取扱説明書を見てもスルーされてしまいがちな機能ですが、F値やシャッタースピードなどで露出調整を行なうことも間違いではありませんが、「被写体に当たっている光を知る」という点で見れば、撮る環境やモノによって測光モードを変えることは大切なことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
人物撮影のはじめ方
最近はなぜかモデルコードで掲載している写真を見て頂いて、アパレル向けの商品撮影だけではなく、モデルやタレント事務所からも撮影オファー頂くようになり、ますます写真が楽しくなってきている今日この頃です。

こうした仕事柄、人物を含めた撮影が多くなっているのですが、つくづく初見で人物を撮る場合に大切なことは「スタートの1分」だなぁ~と実感しています。
セッティングや作業構成などはさておき、どんな感じで終了までの工程が流れるかは1分で決まる!・・正確には撮り始めたときに被写体となる人物の大枠を把握することができるような・・

感覚的な問題なので伝わりづらくて申し訳ないですが、よく「モデルさんのテンションを上げる」こともカメラマンの仕事と言われますが、私の場合は、あまり無駄に声を掛けないようにしています。
撮影現場でありがちな「いいね!!、かわいい!」なんて言葉を発するのは年に数回かな(笑)
そうした「THEカメラマン」的な声掛けを行なうよりは、撮った写真がすぐモニターに表示された時に「良い感じ」で撮れていれば大体の人は気分は上がるはずです。

では、人物撮影で気分が上がる写真とは何か?
これもまた不慣れなカメラマンに多いのが「変わったアングルで撮り始める」という自分勝手な撮り始め方
写真の構図やアングルを考えるあまり、被写体と対峙しているようでそうでないパターンです。

まずは「正面から被写体となる人物を見つめて全体を把握すること」がベターです。
スタートの段階から過度なアングルを探したり、ポーズの指示をするなどの言動は被写体となる側からすれば困惑してしまいます。
「正面を見る」、単純なようでカメラポジションや構図を考慮しながら向き合うとなると意外と奥が深いと感じるはずです。

例えば、撮影スタートの段階から人物が引き立つ良いアングルを探そうと、凝ったアングルで撮った数枚が、「イケてない写真」になった場合、カメラマンも被写体も前途多難な撮影の幕開けとなりますが(笑)、正面からのアングルはそれほど大きな失敗はないでしょう。

正面から平行に撮ることは人物に限らずどんな撮影対象であっても大事です。
横から斜め上から、はたまた超ローアングルから撮ることにチャレンジするのも良いですが、後から写真を見てみると案外、正面からが一番スッキリしていたなんてこともよくある話です。

人物撮影の最初の1分で真正面からしっかり被写体を見つめて進めていくと、何か感じることがありますよ。
今回は人物撮影のいろはのお話でした~。
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション