商品撮影のMODEL CODE.com(モデルコード)
 
  1. HOME
  2. 商品撮影のヒント集

商品撮影のヒント集

いまネット上に存在する商品撮影のサービス会社には低価格と高品質!?を掲げた撮影をアピールする傾向が強くなっていますが、弊社に寄せられるご相談の多くが他社の撮影の撮り直しを希望しているものです。

デジタル一眼レフカメラの普及によって商品撮影を低価格で行なう業者が増えた一方で、本当の意味で品質の良い写真の仕上がりを期待できる会社が少なくなっていることも事実です。
このページでは「商品撮影のヒント集」と題して、撮影者とサイト制作者の立場の両方の視点から業者に依頼する前に知っておくべき商品撮影に関する知識などを公開していきます。

背景白飛ばしの撮影方法
画像を加工したりする際に「背景が白く飛んでいて商品が目立つ写真」というのは、ネット向け通販撮影では最もポピュラーな手法ですが、こうしたセッティングについての原理は分かっていても中々うまくできないことが多いと思います。
まず考えられることは「露出計」を使用せず、単純に背景と被写体との光量のバランスを調整しようとするパターンで、厳密に言えばカメラ側のヒストグラム表示や白飛び警告表示で探っていけばゴールは同じですが、あくまでも目安に過ぎません。
できれば露出計を1つ持っていれば数字で明度の判断ができますので用意することをお勧めします。

理想的な背景白飛ばしの状態は被写体と背景との明るさが1段以上変化していることが大事です。
さて、この「1段以上」という露出の言い回し・・厄介ですよね(笑)
露出調整は単純に露出ダイヤルでも行なえますが、絞りでもシャッタースピードでも、ISO感度でも変更できます。

こうなってしまうと、もう何が何だか分かりにくい人もいると思います。
そこで前回の記事で「撮るべきカメラ側の設定」を最初に決めると記載しましたが、ここでも当然同じ考え方でセッティングをします。

では進めていきましょう!

最初に絞り(F値)を決めます。
今回はF値(撮り目)を8として照明の配置や光量を決めていきます。
そして、モデルを照らすメイン光をF8になるように調整していきます。
次に背景に向けてストロボを両脇から照射して1段明るくなるようにします・・・

ハイ、ここで出ました「段」という表現、これは以前 「商品撮影で迷うF値の仕組みを知る」 という記事に詳しく記載しています。
つまりF8に対して1段明るくなるということは、背景を露出計で測ると数字はF11になるということです。
ちなみにモデル側をF11で撮る場合は、背景は1段明るいF16となる訳です。
レイアウト図を見て頂ければセッティングの詳細が分かると思います。

セッティング例
注意していただきたいのは、背景に照射するストロボの距離や、モデルと背景との距離です。
状況により変化しますので適宜調整は必要ですが、それぞれの距離が近すぎたり、遠すぎたりしても光量バランスが変わってしまいます。
こうした時に露出計は非常に役に立ちます。
左右にレフ板を置いているのは、背景に向けた跳ね返りの余分な光がモデルに当たらないように設置しています。
こちらが参考写真になります。


仕上がり写真
このような感じで「背景白飛ばしのセッティング」を行なうのですが、やはり少し面倒ですね・・(汗
実際のところ残念なスタジオ撮影サービスの場合、こうした白飛ばしも微妙に光量のバラつきがあったりするようなので、シンプルですが奥が深いライティングとも言えます。

弊社の場合は同じ「背景白飛ばし」でもいくつかパターンを作って、商材によってベストなセッティングを行なっていますが、まずはモデルに当たるストロボは1灯から始めてパターンを増やしてみても面白いかと思います。

こうしたライティング1つ例に挙げても「写真は光をコントロールするもの」だと理解して頂けると思います。
「どこにどれだけ光を当てるか?」感覚でセッティングができるようにするためには、まずはキチンと光を数値化することも大事です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スタジオ撮影の準備の仕方
写真撮影の準備というと、ここで敢えて記載しなくても「やるべき準備項目」というのはネット上で知ることはできますが、ストロボを使ったスタジオワークという観点から見ると、「どうやって進めていけばよいのか?」とスタジオの使用時間やモデルが待っているというプレッシャーなのか、順番がめちゃくちゃになってしまって、意図した写真が撮れないケースも多いようです。
要は、やるべき項目は理解していても「やるべき順番」を理解していないパターンがあります。

今回はよくある「ストロボを使ったスタジオワーク」について基本的な撮影に入る前の順番を知って頂く事で、現場で焦らない態勢を整える参考にして頂ければと思います。

たまにお客様の撮影現場にお邪魔するとこんな準備風景を目にします。
ストロボ光量を適当に設定して、カメラテストを何度かくり返して、いざ撮影スタート!
このように目測でセッティングして撮れるなら、もはやプロの領域(苦笑)

これでは別の日に「同じ撮影環境」を作ろうと思っても、「その場限り」の準備をしていたのでは再現は難しくなります。
こうしたケースはよくある事で、慣れない撮影機材を使用すると、どうしても機材が気になってしまいます。

ではどうするか?
まず屋外の太陽(自然)光での撮影とストロボ(人工光)での撮影準備の違いを理解しておきましょう。

太陽(自然)光での撮影では当然ですが、自然の力を人間がどうこうしようとしても無理です。
すなわち「撮影場所の光(量)を基準にカメラ設定」を行ないます。
対して、ストロボ(人工光)での撮影は「人間の力で光をコントロールできる」ので、逆にカメラの設定に光を合わせます。

意外と当たり前のことですが、考え方の根本となることなので、しっかり覚えておきましょう。

そして「人間の力で光をコントロールできる」ので、最初にやるべきことは「どのような雰囲気の写真にしたいのか?」を具体的にイメージすることです。
簡単に言えば「絞り値をどのあたりで撮るか?」など仕上がりを決めることからスタートできる点がストロボ撮影の醍醐味です。

では、順を追ってチャートにしてみましたのでご覧下さい。

撮影準備の解説
大まかな作業の流れですが、「ストロボ光量を決める」ことは最終段階となります。
これが逆になってストロボ光量から決めてしまうと、「ボケ味を活かした写真」を撮りたいと思ってもストロボ光量が多すぎて「クッキリ写真」しか撮れない、慌ててストロボ光量を弱める・・・そしてカメラを手にとって絞りを再度調整する・・・
これでは無駄に時間を費やしてしまうばかりか、モデルも待ちぼうけ・・なんてことになります。

きちんとした順序で撮影準備が出来ていれば、ストロボ光量を決めるプロセスまでに無駄がありません。
また多少ストロボの配置が変わったとしても「撮るべきカメラ側の設定」は決まっているので、ストロボの光量調節だけで済みます。

スタジオ撮影で焦らないためには「設定を気にする箇所は少ない方が良い」
作業前の準備の順番を理解することで、格段にスムーズに現場が進行すると思いますので、準備に時間がかかるという方は1度プロセスを見直してみてはいかがでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
モノブロックストロボの選び方
商品撮影には欠かせない「光」、代表的なものとして「モノブロックストロボ」がありますが、移動も便利ですしジェネレータータイプと比べて比較的に安価に購入できることもあり、撮影に導入されているショップも見かけるようになりました。

ジェネレータータイプと比べて安価とはいえ、「きちんとしたストロボ」は8万程度はするので常時使わないショップにとってはまだまだ敷居は高い撮影機材とも言えます。
そこでネットで検索すると出てくる「非常に格安なモノブロックストロボ」・・魅力ですよね~、なんといってもコスパが良さそう・・・

今回は実際に私がこうした格安ストロボを買ってみて、高価なものも何が違ったのかを経験談を交えてご説明します。
まず、私も皆様同様「破格のプライス」が魅力でした(笑)

さすがにメインとしての導入は考えていませんでしたが、「サブ照明としてあってもいいかな?」と簡単な気持ちと2万弱で手に入るのが魅力で3つ買いました(笑)
結論から言いますと、

個体差がありすぎるぅ~!

これに尽きます。
モノブロックストロボの違い
A・B・Cの3つのストロボの光量をメーターで計測してみると、酷いものだと発光する毎に数値が変動する始末・・
これがどういう結果になるかと言えば、ライティングを完了させ、同じカメラ設定でバンバン撮ると「明るい写真」、「暗い写真」が撮れてしまうことになります。
また、撮影を続けるとストロボ本体が異常に熱くなるものと、そこそこ発熱を抑えて頑張るタイプに分かれて・・ここでも個体差が発生。
これではライティングどころの話ではありません。

商品撮影では使用するのは無理だと分かり、簡単な取材用のサブサブ機として使っていましたが、次に出てきた症状は「発光しない・・」
ストロボを分解してみると、コンデンサが容量不足だと判明・・結果焼き付きを起こしてお陀仏です(笑)

購入した3つの内2つは既に廃棄となっています。(残った1つはとんでもないアクシデントが起こった時の保険として保管)

それ以来、こうしたストロボを購入することはありませんが、レビューなどを見てみると「この値段なら仕方が無い」と書いている人もいますが、撮影照明機材は「安定して発光してこそ普通」なのです。
発光するから許容範囲ではなく、安定した光量を発光して3ヶ月で潰れたなら納得ですが、そもそも光量が安定しないのはナンセンスなのです。

まとめると安価なモノブロックストロボを購入する際の注意点というか覚悟しておきたい点はこれです。
・発光量が一定でない場合が多い。
・ストロボ内部のコンデンサが粗悪なものが多い。
・200発くらい発光させると異常な発熱が起こるものもあるので火災に注意。
・発光管によって色温度にバラつきがあるため、クセを把握する必要がある。
・電源ケーブル自体が熱を帯びるようなら電圧異常があるため使用を中止する。
・ライトスタンドの差込口は壊れやすいので予め補強する。
etc


イケてない点を挙げればキリがないですが、ここで考えてみましょう。
これだけのリスクを背負って購入する意味があるのか?(笑)

商品撮影に限らず撮影作業は集中力です。
撮影しながら「ストロボ大丈夫かな??」と考えるほどストレスが溜まって撮影業務の邪魔になることはありません。

値段的には割高になりますが、ストロボは疑わしい商品を買うよりは安心できる撮影機材で集中することをお勧めします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
見積り比較サイトの利用について
先日、弊社の商品撮影サービスの情報を「見積り比較サイトに掲載しました」との内容で、1通のダイレクトメールが送られてきました。
「どういうこと?被リンクの申請?」軽い気持ちで掲載情報を見てみると、弊社の画像を使用してページが構成されている・・・
詳しく見てみると、「自社(見積り比較サイト)で調査して優良企業をご紹介しています」的な内容で、通常であれば歓迎すべきなのでしょうが、気に入らない点が多い。

ざっと挙げると気に入らない点は、5つほどございます。
・情報掲載(著作物が許可なく使用されている)が事後報告である。
・「掲載先にヒヤリングなど独自審査を行なっている」とあるが、モデルコードの場合、特に審査をされた記憶もなく利用者からすれば情報の信憑性がない。
・他に掲載されている撮影業者が弊社のブログでも書いている「安値至上主義の業者」が多い。
・やたらとメディアに掲載されていることをPRしているが、特に既存の見積り比較サイトの展開と変わらない。
・サイト規模を確保・拡大するための情報収集で厳選された企業情報でないことが情報登録から予測できる。


ということで、このサイトの担当へ電話してみました(#^.^#)

私:「サイトを拝見したんですけど、商品撮影サービスの業者を掲載するポイントは何ですか?」

担当:「御社のサイトを見て検討し掲載を決めております。」

私:「うちの場合、モデルの宣材写真はありますが、商品写真のサンプルは個別対応なのでネット上では分からないはずですが・・」

担当:「サイトの構成や今ある写真で十分わかりますよ~」(なんかヨイショが勘に触る)

私:「ってことは実際の商品写真を見ないで決めてるってことですか?ちなみに超能力者ですか?(チクリ)」

担当:「審査内容については社外秘となっておりますので・・」

私:「御社の比較サイトでの掲載は止めてください」

担当:「はぁぁ・・」

こんな感じで掲載に至る業者を厳選しているなど、気持ちの良い言葉を使う割には「参加企業はどこでもウェルカム」なのです。

比較見積りサイト利用者にとってのデメリット
こうした料金などを比較して多くの業者から見積りが取れるというシステムというのは何も新しいことではないことや、業種によっては利用を控える方が無難なケースがあることを知っていただきたい。

ちなみに商品撮影サービスというジャンルであれば「金額や評価(口コミ)」だけでは何も分からない。
例えば、商品単体(物撮り)を利用したショップがあったとして、利用者の評価が「良かった!また頼みたい!」と書いてあったとして、その口コミを参考にしてモデル撮影を頼んだら・・全然良くない(~_~;)・・なんてこともあり得る話です。

家電製品のように「どこで買っても同じ製品」であれば比較して安い見積りを出してくれる業者を選ぶことはメリットでしょう。
しかし、業者によって製品(写真やサービス内容)自体が変化してしまう商材などを単純に「価格と口コミ」で比較することは賢明ではありません。

またこうした比較サイトで業者を絞っていけば最終的に大半の利用者は「数字(価格)の判断」になることは明白です。
何度も書きますが写真撮影の業務には適正価格が存在します。
価格が安ければ優良企業という方程式が成り立つなら、弊社にのりかえているショップは何を感じていたのでしょうか?
もしかしたら価格と満足度は比例しないと感じたのかもしれません。

商品撮影サービスにおける比較見積りサイトの在り方
私が感じる比較サイト、特に商品撮影サービス選びの比較システムはこうあって欲しいというシュミレーションはございます。

例えばAショップが仕事を発注したい場合、受注希望業者を募集します。
希望してきた業者をまず3社程に絞って、Aショップで扱うサンプル商品を配送し、撮影データと価格を提出します。
そのデータと価格をAショップが検討して、最終的な発注先を決める。
ここでサンプル商品の配送にかかる費用は「比較見積りサイト側」が負担する。
どの道、比較見積りサイトは受注企業からマージンを取るのですからこれぐらいの負担はしても良いでしょう!

こうすれば「写真と価格」で、納得できるレベルかを判断できるので本当の意味で「比較」が可能だと感じます。

比較見積りサイトのお粗末な点は、「何でも手軽に比較してしまう点」にあります。
しかし利用者は「これだけ多くの企業が参加しているからこの比較サイトは信用できる」、「これだけマスコミに掲載されいるから安心」と納得したい材料を探してしまいます。
ウェブコンサルの視点から言えば、比較サイトのシステム構築などさほど難しいことではなく、こうしたサイト運営側が考えるのは「参加企業の多さ」と「利用者の増大」が最初の目的です。
最終的には参加企業や利用者が多くなった段階でシステムを有料化するなり、広告収益を生み出す力のあるポータルへと変貌していきたいのでしょう。

そうしたサイト成長を否定はしませんが、その過程において比較見積りサイト利用者が悲しい思いをしてしまうのは「必要な犠牲と考えているのか?」と疑ってしまうのは、言い過ぎでしょうか?

商品撮影サービスに限って言えば、優良な企業であれば、こうした比較見積りサイトを利用しなくても、サンプル撮影にも対応し、価格について撮影作業内容などを見直して適正価格を提案してもらえるでしょう。
本当の情報とは、ネット上でポチれば手に入るのではなく、「人と人の会話」から得られる情報の方が遥かに質の高いものだと知っておくことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
レンズプロテクターは必要か
一眼レフを買った事がある人ならお分かりかと思いますが、新しくカメラを買うと、付属品もあれこれ必要になります。
その中でもレンズを保護するために使うレンズプロテクターは、誰もが購入する必須アイテムのようになっていますが、コレって本当に必要なのでしょうか?

まずは「レンズプロテクター」って何?という方の為に画像でご説明します。
レンズフィルターの種類
これはレンズを保護するためのレンズ!?・・何だか本末転倒のような商品ですが、簡単に言えばスマホを買って保護フィルム貼るような感覚の商品です。
目的は当然、レンズを傷つけないように守るのですが、私はこのレンズプロテクター・・一番安いのを買います。
理由としては撮影が始まったらレンズプロテクターは外してしまうので・・装着したまま撮る事はありません。

撮影時の交換レンズはレンズキャップを付けずにプロテクターを装着して立ててあります。(外出時はレンズキャップ付けますよ(笑))
つまりレンズプロテクターはレンズキャップの代用として使っている感覚で、撮るときには外してしまいます。

「付けたまま撮ればいいじゃん!」と思うかもしれませんが、なんか・・あれってただのガラスですよね・・(汗)
せっかく高価な!?レンズを買ってテンション上がってる気分が一番重要なレンズ前面に「ただのガラス」があることで、レンズ性能が台無し・・と感じてしまうからです。

これには理由がありまして、私も写真を始めた当初は「レンズプロテクター装着で撮影」をしていました。
やっぱりレンズは守って欲しいですもの・・

で、夕焼けの風景写真・・詳しくは建築用の写真を撮った時に「変な乱反射」が気になりました。
夕焼けが綺麗に出ている状態の撮影時間は限られているので、焦っていて何かの拍子でプロテクターを外してしまったのです。
不思議とレンズプロテクターを装着せずに撮った写真には乱反射はない・・・あれ?もしかしてプロテクターって邪魔なの??
と感じてからは、プロテクト(保護)は大事ですが、撮影時には不要という使い方になりました。

必要か不要かと聞かれれば「あるに越したことはない」くらいの感覚ですし、同じ用途であればレンズキャップで十分です。
そもそもレンズキャップってレンズを保護するものですから(笑)

レンズプロテクターの利用用途としては、撮影時に使う予定のレンズ(待機レンズ)には装着させておき、テストでサッと撮るまでは装着、「よし、このレンズでいこう!」となったらプロテクターは外してしまいます。
待機中のレンズ群の簡易保護みたいな感じです。
待機状態でレンズキャップが付いているとすぐ撮るために外すのが面倒ですし、キャップ自体がすぐ行方不明になるので(笑)仮置きの状態でのレンズプロテクターは重宝します。

詳しく検証したことはありませんが、例えば「この描写力で生きていく!」みたいな覚悟をして、すごく高価なレンズを買って最終的にレンズ前面に「チープなガラス」が付いていると、キットレンズでいいのでは?とテンションが下がります。
描写力などに影響が出るかどうかは不明ですが、精密に考え抜かれたであろうレンズにプロテクターで冷や水を浴びせるような・・

最終的にはお好みで・・ということになりますが、例えば砂埃が舞うシチュエーションでシャッターチャンスが来たときに「レンズプロテクター無し」でレンズを犠牲にしてでも撮る覚悟があるのか?
プロならばレンズより「今しかないチャンス」を選択するでしょうし、レンズ溺愛家ならレンズを想って「傷が付くかもしれないから次の機会を待つ」でしょう。

所詮、カメラもレンズも撮るための道具でしかないと考えるタイプかどうかの問題のような・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
    友だち追加数
  • モデルリスト

  • 公式ブログ
  • オーディション